ヴィヴィアン・ウエストウッド日本公式サイト|Vivienne Westwood

Blog

ホーム > Blog
  • Logo of Worlds End(ワールズエンドロゴの由来)

    Logo of Worlds End(ワールズエンドロゴの由来)

    2018/05/02

    1980年、セックス・ピストルズのシド・ヴィシャスの死と共にパンクも終わり、ヴィヴィアンと当時のパートナー、マルコム・マクラーレンは、パンクの次となるものを探していました。その過程で見つけた2冊の素晴らしい本を、マルコムはヴィヴィアンの息子のベンとジョーに買ってきました。一つはダグラス・ボッティング著書の「ザ・パイレーツ」、そしてもう一つはベンジャミン・キャップス著書の「ザ・グレート・チーフ」でした。

    READ MORE…

  • Africa Bag(アフリカバッグ)

    Africa Bag(アフリカバッグ)

    2017/10/17

    今ファッション業界では、エシカル(倫理的)でサステイナブル(持続可能)であることが重要視されていますが、ヴィヴィアン・ウエストウッドももちろんそうです。

    READ MORE…

  • Squiggle Print(スクイグル柄)

    Squiggle Print(スクイグル柄)

    2017/10/17

    ヴィヴィアン・ウエストウッドを代表するプリントと言えば、何といってもスクイグル柄のプリントではないでしょうか。この人気のスクイグルプリントが初めて登場したのは、1982年のパイレーツコレクションでした。

    READ MORE…

  • The clock of Worlds end shop(逆回転する時計)

    The clock of Worlds end shop(逆回転する時計)

    2017/10/17

    地下鉄でロンドンのワールズエンドショップを訪れるためには、まずスローン・スクエア駅で降りて、そこからキングズ・ロード430番地を目指して一直線に歩きます。430番地まではなかなか長い道のりなので、途中でもう通り過ぎてしまったかもしれないと、引き返す方もいるようです。しかし、ためらうことなく、ワールズエンドショップの看板でもある大きな時計を目にするまで歩いて下さい。

    READ MORE…

  • The Orb(オーブの由来)

    The Orb(オーブの由来)

    2017/10/17

    ヴィヴィアン・ウエストウッドと言えば、色鮮やかなオーブのロゴを真っ先に思い出す方が多いのではないでしょうか。天体のような、王冠のような、皆さんの大好きなオーブを、一体どのようにヴィヴィアンはロゴとして使うようになったのでしょうか。

    READ MORE…

  • Vivienne Westwood Gaia Scarf made in Nepal

    Vivienne Westwood Gaia Scarf made in Nepal

    2017/09/26

    古代異教時代、ギリシャの哲学者たちは自分自身にこう問いかけていました。良い人生とは一体何なのか?それから時を経て、私たちはこの問いかけをすっかり忘れてしまいました。今、この質問に対する答えは、自分自身の顔をじっくり見てみること!良い人生とは、自動的に、ガイアとの調和に生きる人生のことです。

    READ MORE…

  • Vivienne Westwood, Andreas Kronthaler, Juergen Teller

    Vivienne Westwood, Andreas Kronthaler, Juergen Teller

    2017/09/06

    ニューヨーク

    2017年9月。ヴィヴィアン・ウエストウッド、アンドレアス・クロンターラー、そしてユルゲン・テラーは、ニューヨーク・ファッションウィーク中にヴィヴィアン・ウエストウッドの旗艦店でエキシビションを開催します。

    READ MORE…

  • Renee Fleming wears Vivienne Westwood couture for the annual BBC PROMS 2017

    Renee Fleming wears Vivienne Westwood couture for the annual BBC PROMS 2017

    2017/09/01

    8月31日、BBCプロムズ2017で、アメリカ人のソプラノ歌手ルネ・フレミングが、サカリ・オラモとロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団が演じる、リヒャルト・シュトラウスのオペラ、ダフネとアメリカのシンプルだった時代のノスタルジックな写真が思い起こされるサミュエル・バーバーのノックスヴィル、1915年夏の演奏に再び参加することになりました。

    READ MORE…

  • A Campaign For Bumblebee Workers’ Rights

    A Campaign For Bumblebee Workers’ Rights

    2017/08/21

    このブログを読んでいらっしゃる方の中には、今年初めの記事、マルハナバチの女王の冒険的な旅と、その巣での生活についてフォーカスを置いたBumblebee queens and the quest for conservationを読んだ方もいらっしゃると思います。今回の記事は、女王蜂の労働力であるその娘たちに敬意を払い、彼女たちの巣が、ポテンシャルを持って成長するために守り続ける、その無心で、勤勉な姉妹たちに焦点を当てていきたいと思います。

    READ MORE…

  • Vivienne's Playing Cards - NINSDOL

    Vivienne's Playing Cards - NINSDOL

    2017/08/07

    ‘ NINSDOL’ という言葉が初めて登場したのは、AW2005/6 ‘ Propaganda’ コレクションで、「Nationalist Idolatry(国家主義者の盲目的崇拝)」 「Non Stop Distraction(止まらない破壊)」 「Organised Lying(組織化された嘘)」の頭文字を取ったもので、あたかも薬の名前であるかのように想定して作られた言葉です。

    READ MORE…

11〜20件を表示 / 全40件