ヴィヴィアン・ウエストウッド日本公式サイト|Vivienne Westwood

Bridal 2017 Campaign

ホーム > Blog > Bridal 2017 Campaign
  • Bridal 2017 Campaign1
  • Bridal 2017 Campaign2
  • Bridal 2017 Campaign3
  • Bridal 2017 Campaign4
  • Bridal 2017 Campaign5
  • Bridal 2017 Campaign6
  • Bridal 2017 Campaign7

Bridal 2017 Campaign

2017/02/03

ファッション業界のほとんどがルールに従う中、ヴィヴィアン・ウエストウッドはファッション業界における変わり者として長い間知られてきました。彼女は自身のコレクションのランウェイを政治的なステートメントや、文化的記録として使いますが、彼女の名のついたレーベルのエッジの効いた部分をかわいい物と一緒に並列させています。イギリスのルーツで、彼女を代表する彫刻的なスタイルは、花嫁にとっては面白いというだけでなく、建築的なシルエットを兼ね備えたドレスを作り出すことを可能にしてくれるようです。オールドスクールのコルセットやドレープの構造を理解することで、スタンダードなウェディングドレスに加えて、クチュールラインを作ることができるわけです。そこでは、花嫁の要望と、熟練したスタッフの理解によってルックスがカスタマイズされます。ヴィヴィアン・ウエストウッドのメイド・トゥ・オーダーのブライダルコレクションは、コレクションの美的価値を犠牲にすることなく、標準的なアプローチをもたらしてくれます。
(例えば、サンプルを試し、中心となるメジャーに基づきオーダーし、ドレスが完全に仕上がってから2、3度フィッティングをします。)
シックで、すぐにでも着られ、お買い求めやすい物を探している女性には、同様に既製品も購入可能です。メイフェアのフラッグシップショップでのみ購入可能だった既製品や、メイド・トゥ・オーダーや、クチュールやカプセルコレクションは、ニューヨークの14 East 55th Streetのフラッグシップショップでも購入可能になりました。ウエストウッドが、ここに最新のクチュールとメイド・トゥ・オーダーをBAZAAR.comだけに特別に披露してくれました。どちらもロンドンとニューヨークで購入可能です。

※原文の意図や雰囲気を残すため、あえて直訳に近い表現を残してます。
オリジナルはこちらをご覧ください。