ヴィヴィアン・ウエストウッド日本公式サイト|Vivienne Westwood

BRAND HISTORY

ANGLOMANIA(1993 - 1999)

Anglomania, AW 1993-94 Anglomania, AW 1993-94 Anglomania, AW 1993-94 Anglomania, AW 1993-94 Anglomania, AW 1993-94 Anglomania, AW 1993-94 Vive la Cocotte, AW 1995-96 Vive la Cocotte, AW 1995-96 Vive la Cocotte, AW 1995-96 Vive la Cocotte, AW 1995-96 Vive la Cocotte, AW 1995-96 Tied to the Mast, SS 1998 Tied to the Mast, SS 1998 ap_13 Tied to the Mast, SS 1998 Tied to the Mast, SS 1998
Anglomania, AW 1993-94 Anglomania, AW 1993-94 Anglomania, AW 1993-94 Anglomania, AW 1993-94 Anglomania, AW 1993-94 Anglomania, AW 1993-94 Vive la Cocotte, AW 1995-96 Vive la Cocotte, AW 1995-96 Vive la Cocotte, AW 1995-96 Vive la Cocotte, AW 1995-96 Vive la Cocotte, AW 1995-96 Tied to the Mast, SS 1998 Tied to the Mast, SS 1998 ap_13 Tied to the Mast, SS 1998 Tied to the Mast, SS 1998

アングロマニア(ANGLOMANIA)


1993 – 1999

ヴィヴィアン・ウエストウッドは、ファッションとは、フランスとイギリス間でのアイデアの交流であると信じています。
「イギリスは、テーラード技術と親しみやすい魅力を持ち、一方フランスは、堅実なデザインと常に前向きな可能性を秘めた洗練さとの微妙なバランスがあると思います。」

コレクション:

Grand Hotel (グランド・ホテル), SS 1993

Anglomania(アングロマニア), AW 1993-94
- 画家であるトマス・ゲインズバラが活動していた18世紀にフランスで起きた、イギリスのテーラリングと自然に
溢れ出るこの国の魅力に対してのブームにインスパイア
- ヴィヴィアン・ウエストウッドは、ファッションとは、フランス、イギリス間でのアイデアの交流によって生まれるものであると信じています。
「イギリスは、テーラード技術と親しみやすい魅力を持ち、一方フランスは、堅実なデザインと常に前向きな可能性を秘めた洗練さとの微妙なバランスがあると思います。」

Café Society (カフェ・ソサエティ), SS 1994
-パッドで強調されたバストなど身体の線を誇張するシルエットを表現
-アンドレアス・クロンターラーとコラボレートすることにより、ガウンのボリューム感とそのトレーンが大胆で壮大なイメージを作り上げ、Café Societyが生まれました

On Liberty (オン・リバティ), AW 1994-95

Erotic Zones (エロティック・ゾーンズ), SS 1995

Vive la Cocotte (ヴィーヴ・ラ・ココット), AW 1995-96
-今コレクションで、全く新しいシルエットに辿り着きました。身体のラインを誇張することを極限まで追及し、
パッド入りのバスト、バッスル・クッションに代えて軽いメタルケージを留めています
-非常に高いプラットフォーム
-キャットウォーク用と、それほど極端な高さではないセールス用も用意

Les Femmes ne connaissent pas toute leur coquetterie
(レ・ファム・ヌ・コネッス・パ・トット・ルール・コケットリ)
,SS 1996

Storm in a Teacup (ストーム・イン・ア・ティーカップ), AW 1996-97

Vive la Bagatelle (ヴィーヴ・ラ・バガテール), SS 1997

Five Centuries Ago (ファイブ・センチュリーズ・アゴー), AW 1997-98
-インスピレーション:チューダー朝
-ヴィヴィアンは、歴史的な衣服を現代の女性のために発展させると、全てがディオールに行き着いてしまうことを知り驚きました。彼女はディオールの二番煎じになることは避けなければいけなかったのです。

Tied to the Mast (タイド・トゥ・ザ・マスト), SS 1998

Dressed to Scale (ドレスド・トゥ・スケール), AW 1998-99

La Belle Helene (ラ・ベル・エレーヌ), SS 1999