ヴィヴィアン・ウエストウッド日本公式サイト|Vivienne Westwood

Blog

ホーム > Blog
  • Eat and Choose Organic

    2018/07/25

    日が長い夏のロンドン。太陽の恵みを受けて、ウエストウッドスタジオの屋上には、夏になるとたくさんの野菜や果物が実をつけます。べジタリアンで知られるヴィヴィアンは、実ったばかりのそれらを摘み、スタジオのキッチンで昼食のサラダを用意します。

    READ MORE…

  • Pirate Boots(パイレーツブーツ)

    2018/07/11

    パイレーツブーツが誕生したのは、1981年3月、ロンドンオリンピアでのパイレーツ・コレクションでした。このアイコニックなブーツは、バイカーのブーツにインスパイアされて作られたもので、ヴィヴィアンの当時のパートナー、マルコム・マクラーレンが結成したバンド、バウ・ワウ・ワウが、オリンピアでのショー以来初めて公に着用し、それ以来ケイト・モスやシエナ・ミラー、キーラ・ナイトレイといった、名だたるモデルや女優が履き続けています。

    READ MORE…

  • Rocking Horse Shoe(ロッキンホース・シューズ)

    2018/06/13

    ロッキンホース・シューズが初めて紹介されたのは、1985年の「Mini Crini」コレクションでした。そのコレクションは、ロシアの作曲家、ストラヴィンスキーの三大バレエのひとつ、ペトルーシュカにインスパイアされたもので、服はそのバレエの衣装のように、子どもっぽく、お人形のように見えるデザインが施されました。

    READ MORE…

  • Naomi Campbell and the platform shoes

    2018/05/30

    スーパーモデルという華やかな時代があったことを皆さんはご存知でしょうか?
    現在のキャットウォークモデルは、街を歩く普通の人たちとあまり変わらないよう、身長も170cm前後ですが、1990年から2000年代かけては、身長180cm以上、9頭身の女性たちがスーパーモデルとして活躍しました。スーパーモデルを代表する、そして黒人モデルとしてのパイオニアでもある、イギリス人のナオミ・キャンベルが、1993年、パリコレでヴィヴィアン・ウエストウッドのキャットウォークショーに登場しました。

    READ MORE…

  • Armer Ring(アーマーリング)

    2018/05/16

    ヴィヴィアン・ウエストウッドを代表するアイテムのひとつ、アーマー・リングは一体どのように商品化されることになったのでしょうか?今回はそのアーマー・リングの謎を紐解いていきます。

    READ MORE…

  • Mountain Hat(マウンテンハット)

    2018/05/09

    2014年、アメリカのラッパー、ファレル・ウィリアムスがグラミー賞で着用して、またしても一躍大人気となったマウンテン・ハット。このフェルト地のオーバーサイズの帽子は、横からも上からもボコボコにされたようにユニークに形取られています。この帽子は、1982年3月24日、ロンドンのケンジントン・オリンピア、ピラー・ホールでのショー「ノスタルジア・オヴ・マッド」で披露されて以来、ウエストウッドの原点でもある、ワールズ・エンド・ショップの定番のアイテムです。

    READ MORE…

  • Logo of Worlds End(ワールズエンドロゴの由来)

    2018/05/02

    1980年、セックス・ピストルズのシド・ヴィシャスの死と共にパンクも終わり、ヴィヴィアンと当時のパートナー、マルコム・マクラーレンは、パンクの次となるものを探していました。その過程で見つけた2冊の素晴らしい本を、マルコムはヴィヴィアンの息子のベンとジョーに買ってきました。一つはダグラス・ボッティング著書の「ザ・パイレーツ」、そしてもう一つはベンジャミン・キャップス著書の「ザ・グレート・チーフ」でした。

    READ MORE…

  • Africa Bag(アフリカバッグ)

    2017/10/17

    今ファッション業界では、エシカル(倫理的)でサステイナブル(持続可能)であることが重要視されていますが、ヴィヴィアン・ウエストウッドももちろんそうです。

    READ MORE…

  • Squiggle Print(スクイグル柄)

    2017/10/17

    ヴィヴィアン・ウエストウッドを代表するプリントと言えば、何といってもスクイグル柄のプリントではないでしょうか。この人気のスクイグルプリントが初めて登場したのは、1982年のパイレーツコレクションでした。

    READ MORE…

  • The clock of Worlds end shop(逆回転する時計)

    2017/10/17

    地下鉄でロンドンのワールズエンドショップを訪れるためには、まずスローン・スクエア駅で降りて、そこからキングズ・ロード430番地を目指して一直線に歩きます。430番地まではなかなか長い道のりなので、途中でもう通り過ぎてしまったかもしれないと、引き返す方もいるようです。しかし、ためらうことなく、ワールズエンドショップの看板でもある大きな時計を目にするまで歩いて下さい。

    READ MORE…

<< 最初へ   < 前へ  1 2 3 4 5 次へ > 最後へ >>
1〜10件を表示 / 全46件